愛されている者として生きる

30代でイエスキリストを救い主と
信じて10数年。
永遠のいのちを頂き、
生きることの苦しみから解放され、
人生をラクに生きられるように
なりました
日常の暮らしの中で起こる
様々な出来事に生きて働き、
私を造り変え続けて下さっている
イエス様との日々の記録です

振り回されない

年末からずっと、ダラダラと

過ごしている


何となく、気分が沈み、

何となくやる気が出ない


どうしよう、またうつ病が

復活してしまったのかな?


と、不安になる


でも、違う


以前は、一生懸命、気を張って、

何かしようとしても、本当に

身体が金縛りにあったように

動かなくて、しんどくてしんどくて、

涙があとからあとから溢れて来て、

何時間も泣いたり…


今はそんなことは一切なくなった


今のやる気のなさや気分の落ち込みは、

習慣のようなもの


心は癒されたけど、身体がまだ、

以前のことを覚えていて、

以前の私に引き戻そうとしているだけ。


私はもう、癒されている


キリストが癒して下さった


だから、気分や感情、体調に左右されず、

やるべきことをやって行けるように

なりたい


少しの体調の悪さは気にしない

神様に祈って、委ねる


気になる事も神様に伝えて、委ねる


気分が落ち込んでいたら、

外に出て、太陽の光を浴びる


家の周りを一周してみる


声に出して賛美歌を歌う


意識しないとどんどん下に

沈んで行ってしまうから、

自分で気をつけなくちゃ。


まだ、いや、これからが、私の人生の本番。


神様に用いて頂く為の、人生の本番。


気分、感情、体調に振り回されないで

やるべきことが出来るように…


導いてください。

アーメン。

これまでの子育て

先日、教会の幼稚科クラスのお手伝いに

行ったからだろうか?


ここ数日、自分のこれまでの子育てが

ふっとよみがえって来た


それもしなければ良かった、の

後悔ばかり…


あるわあるわ


特に今回は次男のこと


工作の作品を散らかすなと言ってバンバン

捨てたり、


楽しんで見ていた本を

違うものを読めと言って破り捨てたり、


教会に行った後は必ず風邪を引くと言って

責めたり、



間違いなく自分のしたことだけど

あまりに恐ろしくて、ここには詳しく

書けない


でも、最近、あの子が何となく暗くて、

何となくつまらなそうで、

何となく、やる気かなくて、

どうしてなんだろう?と

思ってたけど、


やっぱり私があの子を傷つけて

いたんだ


そう気づいて、がくぜんとした


神様に謝った


神様から預かった、大切な子どもを

傷つけてごめんなさいと謝った


でも、自分をこれ以上責めるのは

やめよう


精一杯頑張って、子育てして来たから。


あの子を傷つけるつもりなんて

これっぽっちもなかったから


幸福になって欲しいと真底思って

育てて来たから


それでも、結果は全く違っていたけど


だからこそ、私はキリストに

出会えたから


どんな思いで育ててきたか、

キリストはすべてご存じだから


正しい事がしたくても、

正しい事が出来ない罪人の私


多分これからもそう


だからこそ、キリストが必要


キリストにより頼み、生きていく


導いてください


アーメン。

新しい目標

祈りとは

外交官のようなものと聞いたことがある


目の前の人の思いを神様に

神様の御思いを目の前の人に


外交官が、自分の考えや思いは抑えて

ただ、外国と自国をつなげるために

いるように、


クリスチャンは、目の前の人と

神様をつなげるために、祈りをする


本当に、そんな祈りが出来たらいいし、

そういうクリスチャンに、なりたい


自分の思い、考え、計画は手放し、

神様が私に何をして欲しいのか、

目の前の人に何を伝えたいのか、

やるべき事、言うべき事は何なのか?



今まではひたすら、自分と神様との

関係に焦点を当てて来たけれど、

今年は、目の前の人と神様、

その間に立つ

自分はどうあるべきか、

その事に焦点を当てて生活していきたい


主よ、私に、新しい目標を

与えて下さり、感謝します


もっともっと、あなたに近づきたい


あなたの訓練をこれからも

受け続けたい


あなたの元に導かれるその日まで。


導いて下さい

アーメン。