愛されている者として生きる

30代でイエスキリストを救い主と
信じて10数年。
永遠のいのちを頂き、
生きることの苦しみから解放され、
人生をラクに生きられるように
なりました
日常の暮らしの中で起こる
様々な出来事に生きて働き、
私を造り変え続けて下さっている
イエス様との日々の記録です

後ろを振り返らない生き方

昨日、目が覚めるなり、後悔した


それは息子の受験


心配したが、無事第一志望に合格した


キリストと多くの人の祈りに感謝した


喜びも束の間、私ったら、

「やっぱり、あっちの方が

良かったかも」


などと考えてしまったのだ


息子に言ったら、さぞ失望して、

やる気を失うに違いない


私は、なんでこうなんだろう?


こういうことが結構ある


選択して、決断して、実行して、

そこまで行って、そこで立ち止まる


後ろを振り返る


「やっぱり、あっちの方が良かったかも」


それまでの選択と決断と実行を

全て否定し、ご破算にしてしまう


愚かだと思う


これには多分、両親、特に母が影響している


母はいつも後悔していた


父と結婚しなかったら

ああしてたらこうしてたら


母の、この悪い習慣を私の代で

断ち切りたい


私には出来ないが、キリストはして下さる


選択したことに自信と責任を持ち、

後ろを振り返らず、ひたすら前に進む


キリストとともに生きるなら、

そういう生き方が、出来る


そういう生き方を

息子達に見せていってやりたい


導いてください

アーメン




あなたが右に行くにも左に行くにも

「これが道だ、これに歩め」

と言うことばを聞く

イザヤ書30章21節



人の歩みは主によって確かにされる

主はその人の道を喜ばれる

その人は倒れてもまつさかさまに

倒されはしない

主がその手を支えておられるからだ

詩篇37章23節



わたしはあなたがたに悟りを与え、

行くべき道を教えよう

わたしはあなたがたに目を留めて、

助言を与えよう

詩篇32章8節

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。