愛されている者として生きる

30代でイエスキリストを救い主と
信じて10数年。
永遠のいのちを頂き、
生きることの苦しみから解放され、
人生をラクに生きられるように
なりました
日常の暮らしの中で起こる
様々な出来事に生きて働き、
私を造り変え続けて下さっている
イエス様との日々の記録です

重たい気分をひとりで乗り越えた

今週前半はパートがしんどかった


やっぱり私にはムリ


そう考え始めると

パートだけでなく、

何もかもが上手く出来ない

出来てないと考えが下向きになり、

自分の人生を否定したくなって来た


しんどい


誰かに聞いてもらいたい、と思った


誰に聞いてもらおう…


それから、ふと考えた


もういい歳だし、

いつまでも他人に頼っていてはいけない


自分で乗り越えよう


こう言う時はどうするんだっけ?


そうだ、恵みを数えるんだった


キリストが今までの人生でして

下さったことを思い出した


父の葬儀を教会でしてもらったこと

母が洗礼を受け、天国に行けたこと


弟が落ち着いていること


祖父母も両親も教会のお墓にいれて

もらったこと


うつ病が治ったこと


働けるようになったこと


膝の怪我が良くなり、

歩けるように戻ったこと


夫の定年後、再就職が出来たこと

家計が成り立っていること


長男が大学生活を満喫していること


次男が高校に受かったこと


わースゴい


だんだん気持ちが上がって来た


こんなにしてもらってるんだ!


イエス様ってスゴい!


だからだいじょうぶ


これからも、上手く行く


キリストが最善を為して下さる


必ず良くして下さる!


恵みを数える前の重たい気分は吹き飛び、

心も体も軽やかになった


週の後半を元気に乗り換えられた


イエスさま、ありがとう


私の為にお祈りしてくれてる

たくさんの皆さん、ありがとう

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。