愛されている者として生きる

30代でイエスキリストを救い主と
信じて10数年。
永遠のいのちを頂き、
生きることの苦しみから解放され、
人生をラクに生きられるように
なりました
日常の暮らしの中で起こる
様々な出来事に生きて働き、
私を造り変え続けて下さっている
イエス様との日々の記録です

贈り物

昨年のクリスマスに

教会のメンバーから

いくつかプレゼントを頂いた


メッセージ付きの

美味しいお茶や

綺麗な缶に入ったハンドクリーム


贈ってくれた人の姿を思い出しながら、

どれもありがたく使っている


その中の一つにハンカチがあった


ステキな花柄のハンカチ


息子の卒業式に初めて使った


使ってビックリ


私のイニシャルが刻まれていた


なんだかとっても嬉しくなった


涙が出そうなくらいに…


贈り主に心から感謝した



私自身は贈り物はあまりしない


選んでいるうちに何がいいのか

分からなくなり、疲れてしまう


自分のことで常に精一杯、

と言うこともあるけど…


もらうと返さなきゃいけない、

と言う義務感?もあり、

贈り物は面倒、と言う意識もあった


でも、贈り物って

こんなに幸福な気分に

してくれるんだと

改めて気付かされ

私もこんな風に贈り物出来るように

なりたいなと思った


それには、自分のことで精一杯、から

まず抜け出す必要あるけれど…


目標がひとつ出来た


自分以外の誰かを想って

さりげなく贈り物出来るようになること


キリストはこんな私の願い

喜んでくれるだろうか?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。