愛されている者として生きる

30代でイエスキリストを救い主と
信じて10数年。
永遠のいのちを頂き、
生きることの苦しみから解放され、
人生をラクに生きられるように
なりました
日常の暮らしの中で起こる
様々な出来事に生きて働き、
私を造り変え続けて下さっている
イエス様との日々の記録です

自分の人生の意味

今週は比較の罠にハマった一週間だった


職場の他のスタッフと自分を比較し、


アレも出来ないコレも出来ない


アレもして来なかったコレもして来なかった


と、自分と自分の人生を否定して

過ごしてしまった


でも、私の人生はそんなにつまらない

無駄な人生だっただろうか?


私の人生は一言で言えば

家族との戦いの人生だった


両親との関係

弟との関係


子ども達との関係


義父母との関係

義妹との関係


それぞれの関係で傷つき傷つけ

生きて来た


その苦しみの中でキリストに出会い、

キリストにすがりながら生きて来た


しんどくて何度も死にたくなったが

死ななかった


関係から、問題から逃げなかった


向き合い続けて来た


そう思うと、私の人生は決してつまらない、

無駄な人生なんかじゃない


かえって尊い、価値ある人生だった


うわべだけ見て、自分を卑下したり、

失望しなくてもいいんだ


誇りを持ってこれからも生きて行こう


職場でも、自分のやり方でやっていけばいい


問題から逃げないこと

問題に向き合い続けることが出来ること


それはキリストが私に与えて下さった

貴重な賜物だろうから…


さあ、今日も

自分と自分の人生に誇りを持ち、

キリストがともにおられることを

胸に刻み、

一日を大切に、そして精一杯過ごして行こう


導いてください

アーメン

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。