愛されている者として生きる

30代でイエスキリストを救い主と
信じて10数年。
永遠のいのちを頂き、
生きることの苦しみから解放され、
人生をラクに生きられるように
なりました
日常の暮らしの中で起こる
様々な出来事に生きて働き、
私を造り変え続けて下さっている
イエス様との日々の記録です

仕事と私

仕事がつらくてたまらなかった


能力のない自分に失望し、

これまでの人生さえ否定したい気分だった


でもふと気づいた


自分にこだわるから、ツラくなる


私が出来るか出来ないか

私が認めてもらえるかもらえないか


私が、私が…


私はどうでもいい


大事なことは、神様が、キリストが、

どう思っておられるか、ということ。


キリストは、私に、

ここで働いて欲しいと

思われている


ここでやることがあると

思われている


だから、能力や他人の評価は関係ない


神様、あなたが私にさせたいことが

出来ますように、と祈りながら、

その場にいればいい


自分でなく、神さま。


そう思えてから、職場に行くのが

ラクになった


楽しくさえなって来た


失敗ばかりだけど…


感謝します

アーメン

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。