愛されている者として生きる

30代でイエスキリストを救い主と
信じて10数年。
永遠のいのちを頂き、
生きることの苦しみから解放され、
人生をラクに生きられるように
なりました
日常の暮らしの中で起こる
様々な出来事に生きて働き、
私を造り変え続けて下さっている
イエス様との日々の記録です

最後の役目

少し前だが、長男が久しぶりに過剰反応を

起こした


きっかけは、私が、立て替えていた携帯代を

払えといつたこと、寝てるところに部屋に入ったこと。


オレは全部自分でやってる

お前たちは(私と夫)

俺から、時間と金を奪うばかりだ、

みたいなこと言っていた


彼の本当の心の叫びは何だったのか、と

あとから考えた


多分、このままでは充分でない、という

世界観があるのだと思った


神様を知っているクリスチャンの母を

持ちながら、充分でない、という世界観を

持たせてしまったことを悲しく切なく

情けなく思った


ゴメンね


でも、失望はしない


そのままで充分だ、と、長男に宣言して下さる方を知っているから。


私はそう言って育ててあげられなかったけれど

そう言って下さる方に

これから彼は出会うことが出来るから。


でも神様任せにしないで、私も、

今からでも、母親として、

そのままのあなたで充分、

良くやっている、と伝えていってあげたい


母親としての私の最後?の役目?


助けてください

アーメン。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。