愛されている者として生きる

30代でイエスキリストを救い主と
信じて10数年。
永遠のいのちを頂き、
生きることの苦しみから解放され、
人生をラクに生きられるように
なりました
日常の暮らしの中で起こる
様々な出来事に生きて働き、
私を造り変え続けて下さっている
イエス様との日々の記録です

弟の退院準備

統合失調症で10年間

入院中の弟の

退院に向けての取り組みが

最終段階に入りつつある


秋には退院予定だ


待ちに待った退院だと言うのに

弟はここに来て及び腰で、

やってけないとか、具合が悪いとか

言い出している


昨日も心臓が痛いと電話があった

心電図を撮ってもらい、

異常はなかったが

医師の言う事が信じられないと言う


たくさんの人が弟の為に

一生懸命やってくれてるのに

そう言う事を言うのか


いい加減にしろ

だったら一生病院にいろ


と電話をブチ切りたくなるのを

ようやく抑えた


でも、励ましや慰めの言葉も出て来ない


思わず口走った


貴方もイエス様を信じよう!


イエス様を信じたら、

永遠のいのちがもらえるから

死ぬのが怖くなくなるよ


いや、死なないのよ

肉体は滅びるけど、魂は永遠に

生きられるの


お母さんにも再会出来るよ


それに、イエス様がいつも守ってくれると

思えるから、心配事もなくなるよ


イエス様を信じよう!


弟は電話口で面食らった様子だった


結局、けむにまく?ような会話で

大丈夫だと納得させた


少々、乱暴だったが

一番伝えたい事が言えて良かった


ね、イエス様。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。