愛されている者として生きる

30代でイエスキリストを救い主と
信じて10数年。
永遠のいのちを頂き、
生きることの苦しみから解放され、
人生をラクに生きられるように
なりました
日常の暮らしの中で起こる
様々な出来事に生きて働き、
私を造り変え続けて下さっている
イエス様との日々の記録です

ドタキャンは罪

今週は、パートを一日お休みした


先週あまりに忙しくて、精神的に

参ってしまい、お休みもらったけれど、

まあ、行こうと思えば行けたと思う


それから、職場の同僚との約束を

ドタキャンしようとした


それは結局行つて、楽しかった


教会の人との約束も、ドタキャン

しようかと思った


でも、準備して、待っていてくれるだろう

方々のことを考えたら、行かなきゃ、と

思い直し、なんとか行った


楽しかったし、行けて良かったと

思った



そして、気づいた


ドタキャンは、相手の時間とエネルギーを

奪う、罪であること


周りに迷惑を掛ける、罪であること


自分の思い、自分の体調、自分の都合を

優先させる、自分中心の罪であること


神様のご計画を自分でぶち壊す、

神を神としない、罪であること。


50を過ぎて今更?と言う感じだが、

もっと歳とる前で良かった


約束を守る、と言うことを

心掛けよう


それとともに、

その約束が

イエス様の御心に叶ったもので

あるのかどうか、

約束する前に、イエス様に伺おう


御心と受け取った約束は

きちんと果たそう


体調やお天気や自分の思いを

委ねて。



神様から頂いている、

貴重な時間とエネルギーを

神様の御心に叶った使い方が

出来るようになりたい


導いてください

アーメン。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。