愛されている者として生きる

30代でイエスキリストを救い主と
信じて10数年。
永遠のいのちを頂き、
生きることの苦しみから解放され、
人生をラクに生きられるように
なりました
日常の暮らしの中で起こる
様々な出来事に生きて働き、
私を造り変え続けて下さっている
イエス様との日々の記録です

誤解 続き

昨日、職場で誤解を受けたが、

弁明も文句も言わず、穏便に済ませた話をした


誰にもわだかまりを残さなかったと

書いたが、私の中ではわだかまりが残った


同僚は、私に良い事をしてあげたと

満足しているだろう


私はお礼まで言ったのだから…


実際は、ありがた迷惑と言うやつ

だったのだけど…


やんわりと、却って困ってしまったと

伝えても良かった


いや、伝えるべきだった


こう言う事が良く起こる


伝えるべき時に伝えられず、

その場しのぎでいい人をして、

結局あとで爆発してしまう、と言うパターン


なぜ、言うべき時に言えないのか?


やはり、幼少体験に由来すると思う


私の育った家庭は、

父、母、祖父母、叔母、

誰かと誰かが、常にケンカしている家庭だった


不穏な空気を感じながら

ビクビクして過ごしたから、

不穏な空気になる事が怖いのだ


目の前の人を不機嫌にすることが

怖いのだ


怖い、怖い。


この恐れを乗り越えて行かないと

信仰者として、先に進めないだろう


人としても、自由でない


多少相手を不機嫌にして、

その場の雰囲気を悪くしても、

言いたい事、言うべき事が言える


そうなったら、どんなに自由だろうか?


目の前の人でなく、

目に見えないが、常にそばにいて下さり、

私を理解し、私の味方をして下さる方、

イエスキリストを優先するなら

そう言う人になれるだろう


乗り越えられるだろうか?


今は自信がない


でも、とりあえず、ハッキリと気付けて

良かった


これからの私の課題としよう


導いて下さい


アーメン。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。