愛されている者として生きる

30代でイエスキリストを救い主と
信じて10数年。
永遠のいのちを頂き、
生きることの苦しみから解放され、
人生をラクに生きられるように
なりました
日常の暮らしの中で起こる
様々な出来事に生きて働き、
私を造り変え続けて下さっている
イエス様との日々の記録です

私も死にたかった

最近起きた事件で思い出した。


私も、高校生の頃、死にたかった


手首にカミソリを当てたり、

真っ暗な川に飛び込んでしまおうかと

考えたりした


当時、「自殺のすすめ」と言う本が

出たと聞き、書店に買いに行った


見つけられず、店員さんに尋ねたら、

置いてないと言われ、ガッカリして

帰った。


店員さんはびっくりしただろう


若い女の子が

自殺のすすめ?


売らないでくれて良かった


もし、私が、今、高校生だったら、

あの事件の被害者になっていたかもしれない


そう考えると他人事ではない。


だから、今、

自分の価値や

人生の意味を見出せず、

死にたい程、

苦しんでいる若い人に

伝えたい



あなたの孤独

あなたの苦しみ

あなたの暗闇


それらを全て拭い去って下さる方が

いるんだよ


あなたの孤独に寄り添って

あなたの苦しみを喜びに

あなたの暗闇を光に

変えて下さる方がいるんだよ、と。


それが、多分、神様が私に

願っておられること。


私がこの地上に生きている間に

しなければいけないこと。


そうなんでしょう?

神様。


もしそうなら、それが出来るように、

私を導いて下さい


場所も時間もやり方も、

全てあなたにお委ねします


だから、どうぞ、小さい私、

無力な私だけど、

私を用いて下さい


私を暗闇から救い出して下さった、

尊い主、イエスキリストのお名前により、

祈ります。


アーメン。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。