愛されている者として生きる

30代でイエスキリストを救い主と
信じて10数年。
永遠のいのちを頂き、
生きることの苦しみから解放され、
人生をラクに生きられるように
なりました
日常の暮らしの中で起こる
様々な出来事に生きて働き、
私を造り変え続けて下さっている
イエス様との日々の記録です

自分中心でなく神中心

自分中心でなく、神中心


以前お世話になった牧師さんが

良く口にしていた言葉だ


私が私をどう思うかでなく、

神様が私をどう思っておられるか


自分はダメだ、価値がない、

生きていても仕方ない


そんな思いに捉われる度に、

神様は私に

高価で尊いと言って下さってる

生きてて欲しい、と言って下さってる

やるべき事があると言って下さっている


そう考えを改め改め、ウツから解放された


今年は更に、他の人に対しても、

この神中心を適用していきたい


私が相手をどう見るかどう思うか、

でなく、

神様がその人をどう見ておられるか、

どう思っておられるか?


ワタシ と言うメガネでなく、

神様、と言うメガネを掛けて、

目の前の人に接していきたい


思えばそのように考えた事がなかった


神様は、私の夫をどのようにみて

おられるのだろうか?


長男を、次男を、長男のお嫁さんを、

お嫁さんのお母さんを、義父を、義妹を、

友人を、ママ友を、職場の同僚を、


どう見ておられるのだろうか?


私にとっては苦手この上ない人も、

神様の公平で温かい目を通したら、

全く違う評価になるかもしれない


神様の目を与えて頂けるよう、

祈り求めていこう


導いて下さい

アーメン。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。