愛されている者として生きる

30代でイエスキリストを救い主と
信じて10数年。
永遠のいのちを頂き、
生きることの苦しみから解放され、
人生をラクに生きられるように
なりました
日常の暮らしの中で起こる
様々な出来事に生きて働き、
私を造り変え続けて下さっている
イエス様との日々の記録です

新しい目標

祈りとは

外交官のようなものと聞いたことがある


目の前の人の思いを神様に

神様の御思いを目の前の人に


外交官が、自分の考えや思いは抑えて

ただ、外国と自国をつなげるために

いるように、


クリスチャンは、目の前の人と

神様をつなげるために、祈りをする


本当に、そんな祈りが出来たらいいし、

そういうクリスチャンに、なりたい


自分の思い、考え、計画は手放し、

神様が私に何をして欲しいのか、

目の前の人に何を伝えたいのか、

やるべき事、言うべき事は何なのか?



今まではひたすら、自分と神様との

関係に焦点を当てて来たけれど、

今年は、目の前の人と神様、

その間に立つ

自分はどうあるべきか、

その事に焦点を当てて生活していきたい


主よ、私に、新しい目標を

与えて下さり、感謝します


もっともっと、あなたに近づきたい


あなたの訓練をこれからも

受け続けたい


あなたの元に導かれるその日まで。


導いて下さい

アーメン。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。