愛されている者として生きる

30代でイエスキリストを救い主と
信じて10数年。
永遠のいのちを頂き、
生きることの苦しみから解放され、
人生をラクに生きられるように
なりました
日常の暮らしの中で起こる
様々な出来事に生きて働き、
私を造り変え続けて下さっている
イエス様との日々の記録です

これまでの子育て

先日、教会の幼稚科クラスのお手伝いに

行ったからだろうか?


ここ数日、自分のこれまでの子育てが

ふっとよみがえって来た


それもしなければ良かった、の

後悔ばかり…


あるわあるわ


特に今回は次男のこと


工作の作品を散らかすなと言ってバンバン

捨てたり、


楽しんで見ていた本を

違うものを読めと言って破り捨てたり、


教会に行った後は必ず風邪を引くと言って

責めたり、



間違いなく自分のしたことだけど

あまりに恐ろしくて、ここには詳しく

書けない


でも、最近、あの子が何となく暗くて、

何となくつまらなそうで、

何となく、やる気かなくて、

どうしてなんだろう?と

思ってたけど、


やっぱり私があの子を傷つけて

いたんだ


そう気づいて、がくぜんとした


神様に謝った


神様から預かった、大切な子どもを

傷つけてごめんなさいと謝った


でも、自分をこれ以上責めるのは

やめよう


精一杯頑張って、子育てして来たから。


あの子を傷つけるつもりなんて

これっぽっちもなかったから


幸福になって欲しいと真底思って

育てて来たから


それでも、結果は全く違っていたけど


だからこそ、私はキリストに

出会えたから


どんな思いで育ててきたか、

キリストはすべてご存じだから


正しい事がしたくても、

正しい事が出来ない罪人の私


多分これからもそう


だからこそ、キリストが必要


キリストにより頼み、生きていく


導いてください


アーメン。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。