愛されている者として生きる

30代でイエスキリストを救い主と
信じて10数年。
永遠のいのちを頂き、
生きることの苦しみから解放され、
人生をラクに生きられるように
なりました
日常の暮らしの中で起こる
様々な出来事に生きて働き、
私を造り変え続けて下さっている
イエス様との日々の記録です

大丈夫

このところずっと胃腸の調子が

良くなくて、もう1ヶ月も普通の食事が

食べられない


かかりつけの医者に行ったら、

大腸の内視鏡検査を勧められた


でも、そんなに重大な病気があるとは

思えない


疲れかな?

ストレスかな?


そう考えて浮かんだのは長男のこと


神様に委ねて、手放したつもりだったが、

やはり、心配事が浮かぶ


きちんと食べているか?

きちんと寝ているか?


最近の青白い顔が思い浮かぶ


不安になる


祈ろう、と思った


不安がなくなるまで、祈ろう


神様、息子が心配です

何故こんなことに?

息子を守ってください


そのうち、段々と、委ねます、

と言葉が出て来た


あなたに委ねます

あなたを信頼します

あなたが全てを働かせて

益として下さるから


信じます


大丈夫


つらいけど、苦しいけど、

悲しいけど、


大丈夫


きっと、

必ず、

神が最善を為して下さる


大丈夫、大丈夫。


息子も、私も。


平安を頂いて、今日一日を歩もう


導いてください


アーメン。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。