愛されている者として生きる

30代でイエスキリストを救い主と
信じて10数年。
永遠のいのちを頂き、
生きることの苦しみから解放され、
人生をラクに生きられるように
なりました
日常の暮らしの中で起こる
様々な出来事に生きて働き、
私を造り変え続けて下さっている
イエス様との日々の記録です

あーまた失敗、でも。

一昨日、長男のお嫁さんと食事をした


いよいよ臨月に入り

家族も友達も知り合いもいない

見知らぬ土地で

出産、育児することに、不安を

覚え始めたようだ


実家で産んだ方が良かったと後悔も

出て来たのかもしれない


「何でも言ってね。何でもするから。」


そう言いつつ、なんだか腹も立った


無力感にも襲われた


彼女の立場を理解して、

夫である長男始め、私達夫婦も、

様々な面で、出来うる限りのサポートを

して来たつもりだ


知り合いや友達を作ってほしくて、

色々紹介もして来た


「こんなにしているのに今更そんなこと

言うの?」


「そもそもこんな事になったのは、

聖書で禁じられている、婚姻前に

男女の関係持ったからよ」


そんな考えが浮かんで来て、

言動に出てしまった気もする


それからずっとモヤモヤしていた


でも、今朝、思った


今、出産育児という初めての経験を

目前にして、お嫁さんが不安を覚えるのは

当たり前のことだ


彼女の言動に振り回されなくてもいいのだ


「不安になるのは当たり前だよ。

でも、大丈夫。神様が、必ず良くして

下さるよ。

必ず、全て、上手く行くから大丈夫。

安心して、出産して、子育てを始めましょう。私達も全力でサポートするよ。」


そう言ってあげられたら良かった


あーまた、失敗。


いっつもそうだ


家族に神様の愛を伝えたいのに、

真逆のことをしてしまう


あー、穴があったら入りたい。


自分があまりにも情けない


でも、でも、自己卑下、自責、自己憐憫は

しない。


大丈夫。


私の失敗をも用いて下さって、

神様は、家族に良くして下さるから。


私の大切な家族ひとりひとりに

良くして下さるから。


信じよう。


人知をはるかに超えた、

キリストの無条件の愛を。


私の為に、家族の為に、十字架にかかり、

死んで下さったキリストの愛を。


主よ、信じます。

あなたの御心が、なりますように。

アーメン。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。