愛されている者として生きる

30代でイエスキリストを救い主と
信じて10数年。
永遠のいのちを頂き、
生きることの苦しみから解放され、
人生をラクに生きられるように
なりました
日常の暮らしの中で起こる
様々な出来事に生きて働き、
私を造り変え続けて下さっている
イエス様との日々の記録です

不安、不安、でも…

もうすぐ、長男夫婦の赤ん坊が生まれる


正直、楽しみや喜びより、

不安の方が大きい


何が不安なのか?


若いふたりが本当に子育て出来るのか?


長男は、大学とバイトと子育てと

夫業をやり切れるのか?


身体を壊してしまわないか?


お嫁さんはやって行けるのか?


大学に戻れるのか?


私はどこまで手伝えるのか?


体力にも気力にも自信がない


自分のパート先に迷惑もかけたらどうしよう


夫の体は大丈夫か?


夫が倒れたら、どちらも経済的に

破綻してしまう


どうしよう

どうなるのだろう


考え始めると不安で夜中に目が覚めてしまう


神様を信頼し切れない不信仰な自分に

失望する




でも、と考え直す


今起きていることは全て、

新しい命を守った故の結果だ


当人達はもちろん、私達親も

新しい命の為に、出来る限りの事をしている


そして、新しい命を守ったのは、

信仰があった故だ


なければ守らなかったかもしれない


神様は、その小さな信仰を

喜んで下さってると思う


だから、これからも守って下さる


これまで守って下さったように、

これからも守って下さる


神様、信仰の薄い、あなたを信頼し切れない

私を憐れんで下さい


小さな小さな、からし種ほどの信仰しか

持たない私です


それでも、その、からし種ほどの信仰を

喜んで下さるあなたであると信じます


生まれて来る赤ん坊はきっと、

息子達にとって、私達にとって

祝福のもといとなってくれるでしょう


新しい命の誕生を心から喜び、

感謝する事が出来ますように、

導いて下さい


イエスキリストの、尊いお名前により

祈ります


アーメン。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。