愛されている者として生きる

30代でイエスキリストを救い主と
信じて10数年。
永遠のいのちを頂き、
生きることの苦しみから解放され、
人生をラクに生きられるように
なりました
日常の暮らしの中で起こる
様々な出来事に生きて働き、
私を造り変え続けて下さっている
イエス様との日々の記録です

ちょっと自慢(^^)

先日、NHKスペシャルで

人体の不思議について放送していた


今までは、人体に指令を出すのは

脳の役割と考えられて来たが、

違うという


全ての臓器、全ての細胞、全ての血管が

それぞれ情報を出し合い、人体を

コントロールしているのだそうだ


人体はひとつの巨大なネットワークなんだと。


それで、思い出したことがある


以前、ウツで苦しくて

神様を信じているつもりでも

ちっとも良くならなくて、

神様を疑いがちだった頃、


先輩クリスチャンから、

「あなたの信仰は頭だけの信仰だ」

と言われ、祈った


「神様、私にあなたの愛を実感させて

下さい。頭だけでなく、全身で

あなたの愛を体験することが出来ますように。


私の細胞の一つ一つ、血管の一本一本にまで

あなたの愛を行き渡らせて下さい。」


その後、私は、教会のカウンセリングで

母のお腹の中にいた頃まで遡り、

神様はその頃から確かに私のそばにおられ、

見守って下さっていたのだと、

実感することが出来た


細胞のひとつひとつ

血管の一本一本


そう祈った時は、ちょっと大袈裟かな、と

思ったが、結構的を得ていたのだ


これはちょっと、自慢(^^)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。