愛されている者として生きる

30代でイエスキリストを救い主と
信じて10数年。
永遠のいのちを頂き、
生きることの苦しみから解放され、
人生をラクに生きられるように
なりました
日常の暮らしの中で起こる
様々な出来事に生きて働き、
私を造り変え続けて下さっている
イエス様との日々の記録です

この一年

今年もあと一週間となった


昨日改めて、この一年の出来事を振り返って

みた


膝のケガの悪化で歩けなかった1月、

次男のケガと手術、

長男の高校卒業と大学進学、

夫の定年退職、単身赴任からの帰宅、再就職、私のパート始めと、

盛りだくさんの一年だった


家族4人のうち、

ふたりが手術の必要なケガをし、

ふたりが人生の大きな転機を迎えたのだから、かなりのストレスだったと思う


以前の私なら、ウツ状態になってしまって

いただろう


今年なんとか持ちこたえたのは、


主がともにいて下さるから大丈夫

主が最善を成して下さるから大丈夫


そう信じる力が、不安や恐れをほんの少し、

勝ったからだと思う


まだまだ揺れに揺れるけど、

少しずつ、少しずつ、

神様に対する信頼が増して来て

いるのかもしれない


そう思うと嬉しい


そして実際、神様は私の祈りと信頼に

応えて下さり、ひとつひとつ最善に

導いて下さった




来年も色々な事が起こるのだろう


その度に不安になり、心が揺れるだろう


でも、その度に神様に祈り、神様に信頼して

乗り越えていこう


わたしはあなたを決して見放さず、

決して見捨てない


そう語りかけて下さる神様の御声を

しっかり握りしめて…


導いてください

アーメン

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。