愛されている者として生きる

30代でイエスキリストを救い主と
信じて10数年。
永遠のいのちを頂き、
生きることの苦しみから解放され、
人生をラクに生きられるように
なりました
日常の暮らしの中で起こる
様々な出来事に生きて働き、
私を造り変え続けて下さっている
イエス様との日々の記録です

居場所がない

居場所がない


家の中でも職場でも、最近よくそう思う


実際にはそんなことはないのだが、

そう感じてしまう


なぜそう思うのか?


私にとって居場所ってなんだろう?


私にとって居場所とは、

役に立っているということ

役割を果たしているということ

必要とされているということ



そう思えない時、居場所がないと

感じる


でもそれって違うよね


役に立つから居場所があって

役に立たないと居場所がないなんて

そんな考え方、かなり危ない


でも、自分の中に、そういう考え方が

あるんだと、ハッとさせられる


神様はどう語っておられるか?


神様は、私に

高価で尊い、愛している

と語っておられる


私を造った方が私を価値があると

おっしゃって下さってる


それが大事

それが真実


居場所がない、と感じてしまう時は

神様のこの語りかけを思い起こし、

間違った考えから離れよう


その為に、キリストはこの世界に来て

下さったのだから


今日はクリスマス


神様と私をつなぐ架け橋となる為に

この地上に来て下さったイエスキリストの

尊い犠牲に感謝しつつ、

神様の愛の御声にそっと耳を傾けたい


わたしの目には

あなたは高価で尊い

わたしはあなたを愛している


アーメン

主よ感謝します

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。