愛されている者として生きる

30代でイエスキリストを救い主と
信じて10数年。
永遠のいのちを頂き、
生きることの苦しみから解放され、
人生をラクに生きられるように
なりました
日常の暮らしの中で起こる
様々な出来事に生きて働き、
私を造り変え続けて下さっている
イエス様との日々の記録です

死にたいと思わずに生きる

「死にたい」と思わなくなって数ヶ月


「死にたい」と思わないで生きられることが

こんなにラクで、楽しい事だとは

思わなかった


以前は朝目覚めると、

ああ、今日も一日が始まる、

アレもしなきゃコレもしなきゃ」と

思い、朝から憂うつになり、

重いカラダを引きずるように

起き上がっていた


最近は

神様、

新しい一日をありがとうございます

今日は何をしようかな?

と思って目覚める


庭の花がキレイだなと思って嬉しくなったり、

プランターに植えたトマトが大きくなって

来たのをみて喜んだり。


梅の季節だから

梅シロップを作ってみたり。


普通のことを普通に出来ることが

とても嬉しいし、楽しい。


まるで牢獄から出て来た囚人みたい


こんな恵みを与えて下さった神様に

感謝して暮らしていきたい


こんな恵みを与えて下さった神様を

他の人に伝えることが

使命だと思うけど、

やらなきゃ、と思うとまた

しんどくなるから

今はいいかな


ただただ、この恵みを

喜んで、楽しんで、

神様に感謝して、周りの人にも感謝して、

生きていこう


導いてください

アーメン。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。