愛されている者として生きる

30代でイエスキリストを救い主と
信じて10数年。
永遠のいのちを頂き、
生きることの苦しみから解放され、
人生をラクに生きられるように
なりました
日常の暮らしの中で起こる
様々な出来事に生きて働き、
私を造り変え続けて下さっている
イエス様との日々の記録です

あー疲れた

あー疲れた


なんだか疲れた


人生に疲れた


生きるのに疲れた


ふと考えたら、

この数年、毎年環境の変化や体調悪化があった


次男が中学に入学した4年前位からだ


パート始め、義父の入院、介護の始まり

膝の怪我、手術、長男の受験、夫の定年、

夫の帰宅、夫の再就職、私のパート再開、

次男の受験…


やっと一息ついたところでの今回の長男


疲れて当然かな…


いや、良くやってる


またウツに戻ってもおかしくない位だ


良くやってる、良くやってる


自分をほめてあげよう


自分をいたわってあげよう


自分を認めてあげよう


それが、神様が今、私に望んでおられる

一番のことのような気がする


この週末は韓流ドラマを観ながら

ゆっくり休もう


神様の温かいまなざしを

心に留めながら…


導いて下さい

アーメン。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。