愛されている者として生きる

30代でイエスキリストを救い主と
信じて10数年。
永遠のいのちを頂き、
生きることの苦しみから解放され、
人生をラクに生きられるように
なりました
日常の暮らしの中で起こる
様々な出来事に生きて働き、
私を造り変え続けて下さっている
イエス様との日々の記録です

パートがツラい

パートが、ツラい


今の職場がツラい


前の職場では、自分はこの仕事に向いている、

と思えた


やりがいがあった


役に立てていると言う達成感があった


今は、違う


毎日、向いてない、と感じる


自分の能力の足りなさ、

これまでの人生で

やらなかったこと、出来なかったことなどを

突きつけられ、

自分を責めがちだ


辞めてしまいたい


でも、辞めたら、

今度は

逃げ出した、と考えて自分を責めるだろう


だから、辞められない

辞めてはいけない


もう少し、がんばってみよう


ここにいる意味があるはずだから。


このこともまた、神様の私への

ご計画の一部だから。


自分を責めたくなったら、

神様を思い出そう


わたしの目にはあなたは高価で尊い

わたしはあなたを愛している


そうささやいて下さっている神様の

愛の御声に意識を向けよう


導いてください

アーメン。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。