愛されている者として生きる

30代でイエスキリストを救い主と
信じて10数年。
永遠のいのちを頂き、
生きることの苦しみから解放され、
人生をラクに生きられるように
なりました
日常の暮らしの中で起こる
様々な出来事に生きて働き、
私を造り変え続けて下さっている
イエス様との日々の記録です

感謝しよう

弟の退院が決まった


来月から、新しい施設に移る


一生入院することも覚悟していたから、

退院が決まったことは嬉しい


しかし、私の負担は増える

それを思うと気が重くなる


長男の問題も大変だ


やっと手が離れたと思ったのに

ますます手がかかることになった


今の場所に暮らして15年、ずっとこうだ


次から次へと家族の問題が起きて

私の肩に降りかかる


その度に泣いて泣いて

神様に訴えて

周りのクリスチャンに祈られて

助けられて、今日まで何とか生き延びて来た


今回もそうなのだろうか?


わたしの地上の人生は

こうやって終わってしまうのだろうか?


あー、自己憐憫

いけないいけない


感謝しよう


感謝をすれば、全ては益に変わると

牧師夫人はおっしゃった


弟の退院

長男の問題


神様ありがとう

感謝します


あなたがきっと弟も長男も祝福し

キリストに出会わせて下さると

信じます


私がいつも感謝することが

出来るように導いて下さい


イエスキリストのお名前により

祈ります


アーメン。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。